NEW BUYING ITEM

IMG_3609

この商品について問い合わせる

2017.04.02

#2904-0210 / Ercol Hoop Back Chair

この商品について問い合わせる

<2017年3-4月イギリス買付商品>

 

1940〜50年代 イギリス製 アーコール フープバック チェア。
市場に多く出回っているアーコールより少し年代の古いモデルです。
年月を重ねる事で生まれる木色の深みは、60年代のアーコールとは一味違った魅力を感じます。
こちらのチェアはブラウン色のタイプで、よりシックなテイストになっています。
座面に施されたくびれもまた、エレガントな雰囲気を醸し出しています。
“フープバック”と呼ばれる背もたれの木は、まっすぐなブナの木材を蒸気で熱して曲げることで形作られています。
小ぶりな背もたれは背中を心地よく包み、体にしっくりとなじむ座り心地。
丸みを帯びたフォルムとまっすぐ伸びたスポークが印象的なシンプルでどんなシーンにもマッチするアイテムです。
ダイニングチェアとしてはもちろん、お部屋のディスプレイとしてもおすすめです。
ヴィンテージ家具ならではの魅力が詰まった逸品です。

 

-Ercol(アーコール)について
1920年、家具デザイナーだったルシアン・アーコラーニが会社を設立。
スチームで湾曲させるウィンザーチェアの製造技術を完成させたほか、ニレ材を自由自在に変形させる事も実現しました。
シンプルなデザインながら、木の家具ならではの温かみも併せ持った家具です。
50年代のモダニズムに影響を受けてデザインされているので、現代家具と合わせやすいのも特徴です。

 
 

■DATE: 1940’s
■SIZE: 実寸 W380 / D420 / H880(mm) SH460mm
(現地採寸のため若干の誤差はご了承下さい)
■MATERIAL: エルム材 / ビーチ材
■2017/04 UK

MOREDETAILS

  • FB
  • twitter
  • line
  • instagram
  • FB
  • twitter
  • line
  • instagram

一覧へ

official

official